第34回 関東大学女子サッカーリーグ 第6節

早稲田大学 3 - 0 東洋大学
2020 10 18 - 14:00早稲田大学東伏見グランド

PLAYERS COMMENT

常田麻友

藤生菜摘

今日の試合を振り返って
今日の試合は自分達の力の足りなさを痛感した試合でした。この1週間チーム全体で良い準備をしてきて、今持ってる力で戦った中での結果だったと思います。技術、判断、切り替えの意識など個人としてもチームとしても相手チームの早稲田大学の方が勝っていたと感じました。
今日のこの試合で目標としている日本一になるにはもっと普段の練習での意識から変えていかないといけないということに気づけた試合でした。


攻撃について
今日の試合は、フィニッシュゾーンまであまり入っていくことができずシュートまで持っていくことができませんでした。
一人一人がポジションをとってミスマッチを作れた時は崩せていけたのですが、そこでの正確性が足りなかったり、相手の早い寄せに対応できずなかなか上手く前進できませんでした。もっと一人一人がポジションどりを早くすることや、自信を持ってボールをもつこと、判断を早くすること、プレッシャーがある中でミスをしないことを練習から意識していかないといけないと感じました。


次節に向けて
この試合を通して色んなことがまだまだ足りないと感じたので、この1週間また意識を改めて週末の試合に勝つためにしっかり全員で準備をしていこうと思います。

 

今日の試合を振り返って
今日の試合は、相手にボールを持たれる時間が長くなりましたが誘導をかけてボールを奪いたい場所で奪えていた場面もありました。しかし、数少ないチャンスを相手は決めきり、自分たちは決めきることができず差を感じる結果となりました。


失点について
サイドに誘導をかけ、相手のサイド攻撃が多くなる中でボール際の寄せが甘かったり、クロスの対応が中途半端になってしまったミスが重なり失点してしまいました。


次節に向けて
次の試合では、今日の試合で出た課題に向き合い改善します。来週の試合も難しいゲームになると思いますが、チーム一丸となって勝ち点3を奪いにいきます!
応援よろしくお願いします。

 

Visit Us On TwitterVisit Us On InstagramVisit Us On Youtube